BLOG

BLOG - FUNAI’S EYE

とり美

私の選ぶベスト10 (鍋物語)

和食は今やユネスコ無形文化遺産に登録されるほど国際的地位を得た。 そんな中でまず海外の和食ファンが連想するものといえば寿司、天ぷら・会席であり、 B級としてはラーメン・蕎麦・ヤキトリであろう。 でも、私の選ぶ一番身近な和食は鍋物で…

COPA2

COPA America Soccer

Columbia vs. Paraguay なんとなく気分がいいなぁ~と思い廻りを見渡したら急に自分の身長が伸びていた。 この年になって成長するわけはないのだが廻りに小柄な人が多いので少し背が高くなったように感じて嬉しい。 鄧小平…

重亭2

私の選ぶベスト10 (洋食編)

今や日本で食べるフレンチやイタリアンは本場を凌ぐほどとなり、 本場で修業した日本人シェフが海外でも幾多の賞を勝ち取るほどに成長している。 でも、逆に欧米人が日本の料亭で修行し、日本国内で和食レストランを開いた上、 賞を勝ち取るほど…

ISAKOS ~ベルサイユのばら~

バルコニーには王妃マリー・アントワネットが不安気な面持ちで佇んでいる。 それもそのはず前庭には身分としては明らかに平民とも呼べない 下流の貧困層から湧いてきたような市井の民に占領されていたからだ。 私は226年前に遡りその群集の中…

San Francisco紀行

目覚めると快晴の空にGolden Gate Bridgeが眩く見えていた。 普段は夏でも薄ら寒く霧の多い街だがこの時期だけは快晴が続く。 こんな一日のスタートは夜明けと共に目覚め、少し濃い目のコーヒーで体を覚醒させれば キリッと空…

シリア

1982年.厳しい日差しも少し陰りをみせた夏も終わりの頃であった。 私は贈賄の嫌疑でシリアの検察局から追われていた。 危険を察してはいたが迫りくる恐怖の中で救いを求めた手を 引き上げてくれる味方はどこにもいなかった。 そして収賄側…

携帯電話NG

何が悪い?

  ① おしぼりで顔を拭いて何が悪い? あんなに気分がさっぱりするのにお手拭きだ。との理由で 顔を拭くと「おっさんだ!」と若い女性は嘲笑う。 私なんかは耳の裏から首筋まで拭いてさっぱりさせる。 脂ぎった不快感極まりないテ…

泉州

泉州紀行

マザーテレサには養子も含め10人の子供がいた。 慈悲深い彼女は人に知られることもなく 一人で全員を育てた。 その最後の子供、つまり10番目がテレサ・テンだった。 一つ年上の姉はテレサ・ナインと呼ばれていたが 音痴だった。 父親はフ…

FIFA

FIFA World Cup

世界を熱狂させ日本を沈黙させたWorld Cupが幕を閉じた。 開催と運営が心配された中いくつかの混乱はあったものの 無事終了したことは何よりだ。 それにしてもサムライブルーは脆かった。 世界の桧舞台で硬くなったのかもしれないが、…