BLOG

BLOG

今夏の計画

他社にはない、ちょっと変わった慰安旅行制度C.D.T(Challenge and Discovery Trip)を利用し、来月1人でカンボジアへ行く予定です。

その目的は大きく2つ。
① アンコールワットなど、世界遺産の中を駆け抜けるクメール エンパイア ハーフマラソンを完走すること。
② 農村部の教育に恵まれなかった女性達が安定的な収入を得ながら、ものづくりを通じて様々な学びを得る場を提供している工房を見学すること。

前者は、今年12月に参加予定のフルマラソン完走のための前哨戦の意味合いと、昨秋から始めたランニングの成果を試す場でもあります。
私の旅行内容を聞いた同僚や友人は、”湿度と気温の高いカンボジアでなぜ走る?”と疑問に思うようです。
世界遺産を見ながら走れるのになぜ走らない?と思うのは私だけでしょうか。笑

後者は、エシカルな現場を見ることと、その工房の女性達はイキイキと働いているに違いなく、その礎となるものは何か、ブランディング担当として学んでこようと思っています。


※画像お借りしました

 帰国後ブログにて報告致します!