メインコンテンツへスキップ

072-466-0090

平日 9:00~17:30

TOP » 資料提供 » 【文献】前十字靱帯損傷と前十字靭帯再建術後の、ダイナミックブレースについて

【文献】前十字靱帯損傷と前十字靭帯再建術後の、ダイナミックブレースについて

Problems of ACLD & ACLR Knees
大腿四頭筋が収縮することにより、地面に着地する前に脛骨が亜脱臼してしまう。

Previous Options
従来のブレース、筋力の強化、その他のトレーニングではACL損傷の症状を完全にカバーすることはできない。

Dynamic Knee Bracing
ダイナミックブレースは大腿四頭筋の力を使い、脛骨を後面に押し出し、前面にずれることを防ぐ。

この文献は、整形外科やリハビリテーション科の医師、理学療法士、アスレチックトレーナー、義肢装具士の方々へおすすめいたします。